フリーライター初心者の教科書。 - 文章の書き方、裏の取り方、ネタの探し方、報酬相場や

個数:1
  • Kinoppy

フリーライター初心者の教科書。 - 文章の書き方、裏の取り方、ネタの探し方、報酬相場や


ファイル: /

内容説明

10分で読めるミニ書籍です(文章量12,000文字程度=紙の書籍の24ページ程度)

「役立つ」「わかりやすい」「おもしろい」をコンセプトに個性あふれる作家陣が執筆しております。
自己啓発、問題解決、気分転換、他の読書の箸休め、スキルアップ、ストレス解消、いろいろなシチュエーションでご利用いただけます。
是非、お試しください。


書籍説明
十五年ほど前まで文章を書いて報酬を手にできるのは、作家か新聞、雑誌の記者ぐらいしかいなかった。
一般の人は新聞や雑誌に投書するぐらいで、ライターの仕事をする機会などほとんどなかった。
しかし、インターネットの普及がそんな状況を一変させる。
ネット上にはウェブメディアがあふれ、個人がブログで情報発信するようになった。
ツイッターやフェイスブックなどSNSも含めたら、一億総ライターの時代だといえよう。
情報時代の主役に躍り出ようとしているウェブは、さまざまな記事を必要としている。
一般人もウェブの世界なら、誰でもライターとして活躍できるチャンスが広がっている。
しかし、そのためには面白いネタを見つける企画力と、正確な情報を集める取材力、読者に満足してもらえる記事を書く文章力が必要だ。
特にフリーライターとしてステップアップしたいなら、力をつけなければ話にならない。
この世界は弱肉強食の実力勝負なのだ。
フリーライターを目指す人に、面白い記事を書くためのアドバイスをしよう。


著者紹介
高田泰(タカダタイ)
一九五九年、徳島県生まれ。
関西学院大学卒業。地方新聞社で文化部、社会部、政経部記者を歴任… 以上まえがきより抜粋

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数1285件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす