統合失調症の療養中に家族にしてもらいたかった回復に役立つ7つのこと。

個数:1
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

統合失調症の療養中に家族にしてもらいたかった回復に役立つ7つのこと。

  • 著者名:内山健太/MBビジネス研究班
  • 価格 ¥328(本体¥299)
  • まんがびと(2017/12発売)
  • 体育の日記念!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~10/14)
  • ポイント 50pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

さっと読めるミニ書籍です(文章量9,000文字以上 10,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の18ページ程度)

【書籍説明】
統合失調症は100人に1人は疾患する病気で、決して珍しくありません。

しかし、精神の病気という理由もあり、まだまだ偏見が強いのが正直な印象です。

私は、26歳の時に統合失調症を患い、治療に専念してきました。ですから、統合失調症のかたの気持ちが良く分かります。

病気を理解されないと、1人で苦しむことになりますから、この病気は当事者だけではなく、家族の協力がとても大切になります。

私自身、療養中は家族に助けてもらいました。

家族で助け合ったからこそ、治療が上手くいき、こうして社会復帰できたのだと思います。

本書では、私が統合失調症になり、療養中に家族にしてもらって嬉しかったこと、してもらいたかったこと、家族がするべき行動などをまとめてあります。

統合失調症は長い療養が必要になるので、当事者はとても焦っています。社会と距離を置き、1人でぽつんと治療をしなければならないのは、とても不安です。

本書を参考に、家族の絆を高め合いましょう。治療の手助けになれば幸いです。


【目次】

自堕落に見えるのは、回復の途中

一人暮らしの場合、治療はどのように進めれば良いのか?

家族と共に治療をする場合の対処法について

日々の居場所作りはどうすれば良いのか?

社会から孤立しているという感覚を理解してあげよう

デイケアを利用してみよう!

就職はすぐにできない。焦… 以上まえがきより抜粋

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数1285件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす