PDCAのDを連打するシンプル問題解決術! - 今までと違う結果を出すために必要なたったひとつのこ

個数:1
  • Kinoppy

PDCAのDを連打するシンプル問題解決術! - 今までと違う結果を出すために必要なたったひとつのこ


ファイル: /

内容説明

さっと読めるミニ書籍です(文章量11,000文字以上 12,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の22ページ程度)

【書籍説明】
今回、問題解決というテーマをご提案いただき、私のクリアしてきた経験をもとにまとめていくのだが、
そもそも問題解決してきたと意識していたわけではなかったから、全体をイメージするのに少し時間がかかってしまった。
なぜなら、私は問題と捉える前に解決してきていたからだ。

しかし、仕事の中において「問題」とは毎日のように発生している出来事であり、問題と意識すれば、誰でも共有できるものだと理解できた。
そこで、私は数々の問題をどのような思考、マインド、アクションでクリアしてきたのか。

例えば、自分の会社の公式インスタのプロモーションが効果的でなかったとあなたが感じたときにどうするか?

あなたは需要側のニーズを理解していて、どうプロモーションすればよいかはわかっている。それが本書で紹介する、私が見つけた問題解決への答えになる。

他にも思考、マインドも合わせ理解を強めるが、大事なのはアクションである。

そこをこれからあなたに伝えたい。

【目次】
PDCAサイクルは古い
完全情報思考と結論思考
トレンド思考とゼロベース思考
5分以内に終わるタスクはすぐにやる
できない理由ではなく、どうしたらできるかを優先する
失敗を失敗とは思わない
批評、批判、共有に時間をかけない
まとめ


【著者紹介】
池田正輝(イケダマサキ)
1984年2月29日生まれ
販売の現場で10年以上店長として… 以上まえがきより抜粋

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数1285件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす