うつ病だったわたしが母親にしてほしかったこと。助かったこと。

個数:1
  • Kinoppy

うつ病だったわたしが母親にしてほしかったこと。助かったこと。


ファイル: /

内容説明

さっと読めるミニ書籍です(文章量10,000文字以上 11,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の20ページ程度)

【書籍説明】

以前執筆した『うつ病だったわたしが家族にしてほしかったこと。

家族の思い込みでの言動は治療を遅らせる。』に続く“うつ病家族サポートシリーズ”として、今回はうつ病患者が母親に求むことに焦点を置いて執筆した。

この書の中での母親とは、主夫がいる家庭の母親ではなく、家族のサポートを主に任されている母親に焦点を置いて執筆させていただく。

父親と母親とでは、やはり子どもとの距離や立場が違うため、患者が求めることも異なるのだ。

母親に焦点を当て、私の経験をもとにしてほしかったことや母親に感謝していることなどを執筆していく。

うつ病患者の母親という立場で、サポートに悩む方に読んでいただき参考にしてもらいたい。


【目次】
病気を受け入れる
薬の管理
記録をつける
患者との接し方を知る
前向きにどっしり構える母親


【著者紹介】
ぴかぴかりん(ピカピカリン)
大学卒業後、一般企業で事務員を経験。
現在は専業主婦。
自分の経験をもとに人の役に立てる本を目指して執筆に奮闘中。
いつか自分の小説を執筆することを目標に経験を重ねている。

… 以上まえがきより抜粋

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数1286件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす