境界性人格障害が事例で分かる。メンヘラっぽい人はこれかもしれない。 - 人間関係で苦労するのがひとつの特徴。

個数:1
  • Kinoppy

境界性人格障害が事例で分かる。メンヘラっぽい人はこれかもしれない。 - 人間関係で苦労するのがひとつの特徴。


ファイル: /

内容説明

10分で読めるミニ書籍です(文章量8,500文字程度=紙の書籍の17ページ程度)

「役立つ」「わかりやすい」「おもしろい」をコンセプトに個性あふれる作家陣が執筆しております。自己啓発、問題解決、気分転換、他の読書の箸休め、スキルアップ、ストレス解消、いろいろなシチュエーションでご利用いただけます。是非、お試しください。

まえがき
皆さんは境界性人格障害という言葉を聞いたことはあるでしょうか。心理臨床の中でも比較的症状が華々しく出るので遭遇する率は比較的高い方々とも言えます。また、その病理が人間関係の中に現れるということもあり、症状が出ている本人だけではなく、その周りにいる人々も疲れてしまったり辛い思いをしているということが多くあります。
境界性人格障害は簡単に言うと以下のような症状が出ます。もし、自分に当てはまったり、自分の周りにこのような人がいるのならば、是非一読してみてください。
・とにかく嫌われるのが怖い。自分が嫌われないためならあらゆることをしてしまう。
・どうしても相手が自分のもとを去っていく、または嫌うと分かったらとことんまで追い詰める
・すぐに人を信じてしまい裏切られた経験が沢山ある。

著者紹介
林田 一(ハヤシダハジメ)
東京都生まれ。もともとサラリーマンであったが上司や取引先との喧嘩が絶えず三年持たずに一身上の都合で退職する。貯金と失業手当で1年程のニート生活をしていると言いようのない不安に襲われ、心理職への道を志す。大学院時代から縁があって、児童精神科や学校などで働くようになる。卒業し臨床心理士の資格を取得してからは、主に虐待や非行少年少女に対する自立… 以上まえがきより抜粋

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数1285件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす