ビジネスが文学になる瞬間?仕事は筋書きのないドラマだ!

個数:1
  • Kinoppy

ビジネスが文学になる瞬間?仕事は筋書きのないドラマだ!


ファイル: /

内容説明

さっと読めるミニ書籍です(文章量8,000文字以上 9,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の16ページ程度)

【書籍説明】
企業活動を新しく始める場合は、必ず創業の目的がある。
また、企業活動の根底には企業の理念や哲学がある。
企業が目的とするものに近づくために、計画を立てて戦略・戦術を駆使して企業活動が行われる。
計画を達成するためには、計画を実施した後の確認が必要であり、確認にもとづく改善も必要になる。
それらのPDCAのサイクルを繰り返しながら、精度の高い計画と計画達成の手段・方法が磨かれていく。
ただ、企業活動には計画通りにいかない場合もあり、予期せぬことや思いがけないことが起こる。
いわばビジネスが文学のように考えられる瞬間があるのだ。
そのような瞬間は、多くの人との折衝の場面が多い営業の仕事や人事総務の仕事などで起こる場合がある。
大抵は純文学ではなく、大衆文学的な内容である。
あまり崇高な気持ちになることは少ないと考えられるが、間違いなくスリリングな場面もありユーモラスな内容もある。
まさに小説的な内容であり、筋書のないドラマのようなことが演じられる場合もある。

【目次】
ビジネスの基本
ビジネスとボキャブラリー
ビジネスにおける文章力
ビジネス活動のドラマティックな場面
計画作成には言語能力が必要
折衝能力と文学的素養
ビジネスの文学性

【著者紹介】
satos(サトス)
1948年、秋田県出身。
父親の仕事の関係により東京の小学校に転校。
学生時代を西東京市、杉並区で過ごす。
大学… 以上まえがきより抜粋

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数1286件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす