銀座の歩き方。日本一のハレの日の舞台「銀座」の構造・性格を知る。

個数:1
  • Kinoppy

銀座の歩き方。日本一のハレの日の舞台「銀座」の構造・性格を知る。


ファイル: /

内容説明

さっと読めるミニ書籍です(文章量8,000文字以上 9,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の16ページ程度)

「役立つ」「わかりやすい」「おもしろい」をコンセプトに個性あふれる作家陣が執筆しております。
自己啓発、問題解決、気分転換、他の読書の箸休め、スキルアップ、ストレス解消、いろいろなシチュエーションでご利用いただけます。
是非、お試しください。


【書籍説明】
“ハレの日、ケの日”をご存じだろうか。「知らないよ」という声が多いなら、昭和は遠くなりにけり……、
といったところだが、実は日本人にはとても馴染み深い言葉である。身近な例をあげてみよう。
「葬式」は? ハレの日? ケの日? 「結婚式」は? ハレの日? ケの日? 
これ、どちらもハレの日なのである(一部地域の考え方を除く)。
ハレの日とは、普段起こらないようなことが起きる日、ケの日とは、日常普段の日。
だから紅白幕がかかろうが、クジラ幕がかかろうが、どちらもハレの日。
そして、この日本でそこに赴くだけでハレの日になる、そんな街がある。
そう、「銀座」である。「銀座」は、大正デモクラシーあたりから発展し、戦中戦後を経て世界へと文化を発信する“粋な街”となった。
その「銀座」の歩き方を、ご紹介しよう。

【目次】
そこにいるだけで、ハレの日
まずは大通り
新しくなる中央通り5丁目~8丁目
“永遠のランドマーク”、歌舞伎座
大通りを一つ中へ入ってみよう
銀座の真骨頂、“路地裏”
銀座はすべてを教えてくれる
「銀座」での飲食で大切なこと

【著者紹介… 以上まえがきより抜粋

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数1286件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす