毎朝1分読むだけ思いやりの教科書。 - お客様、同僚、部下、上司への思いやりを習慣化する本

個数:1
  • Kinoppy

毎朝1分読むだけ思いやりの教科書。 - お客様、同僚、部下、上司への思いやりを習慣化する本


ファイル: /

内容説明

10分で読めるミニ書籍です(文章量9,000文字程度=紙の書籍の18ページ程度)

「役立つ」「わかりやすい」「おもしろい」をコンセプトに個性あふれる作家陣が執筆しております。
自己啓発、問題解決、気分転換、他の読書の箸休め、スキルアップ、ストレス解消、いろいろなシチュエーションでご利用いただけます。
是非、お試しください。

書籍説明

職場で人の気持ちを軽んじているかもしれない。
もっと思いやりをもった人間になりたい。
お客様、同僚、部下、上司を、もっと喜ばせたい。
そう考えている方。
これは、あなたの本です。
本書では、「思いやり」を習慣化するための心得をリストにして提供します。
これを毎朝1分間読むことにより意識改革を目指します。
小さなことが多いですが、あなたの人生には大きな変化をもたらすはずです。
是非、ご活用ください。

「思いやり」という言葉の意味は、
「他人の立場に立って考える」そして「相手が快適に過ごせるように振る舞う」ことだと言い換えることができます。
では「思いやり」に欠ける人というのも同様に定義づけることができますね。
「他人の立場に立てない人」もしくは「相手が不快になるような振る舞いをする人」という意味になりますが、
多くの場合後者を実践する人はなかなかいません。
自ら人間関係を複雑にしたいと思う人がそういないように。
では「他人の立場に立てない人」を少し突き詰めることにしましょう。
「他人の立場に立とうとしない」もしくは「相手の立場に立っても何が快・不快なのかがわからない」、
そして「相手の立場がどこにあるのかわからない」の三択です。
「他人の立場… 以上まえがきより抜粋

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数1286件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす