男の決断の話。このまま出世して役員まで登り詰めるのか? - 冒険的転職をして企業経営のプロを目指すのか?

個数:1
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

男の決断の話。このまま出世して役員まで登り詰めるのか? - 冒険的転職をして企業経営のプロを目指すのか?

  • 著者名:satos/MBビジネス研究班
  • 価格 ¥328(本体¥299)
  • まんがびと(2015/06発売)
  • 初冬の週末!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~12/6)
  • ポイント 50pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

10分で読めるミニ書籍です(文章量8,500文字程度=紙の書籍の17ページ程度)
「役立つ」「わかりやすい」「おもしろい」をコンセプトに個性あふれる作家陣が執筆しております。自己啓発、問題解決、気分転換、他の読書の箸休め、スキルアップ、ストレス解消、いろいろなシチュエーションでご利用いただけます。是非、お試しください。
まえがき
ビジネスパーソンの働く期間は、それほど長いものではない。その間に、何を目指し、何を獲得するかは、人によって千差万別である。働き続けることで働く期限と無縁の人もいる。
ひとつの企業なり団体なりに惚れ込み、働く期間のすべてを使い切る潔い生き方も素晴らしいし、ある程度の準備期間の後に、職務に特化した専門的な職務遂行能力とマネジメント能力を武器に、大胆に荒海に漕ぎ出すことも、かなりリスキーであるが面白いと思う。
ビジネスパーソンとして、出世競争も含めて、いかに働くかということも重要だが、同時に人間としてどう働いて、どのように生きていくべきかを学ぶことも重要である。
働くことや出世競争に熱中していると、瞬く間に時は過ぎ、期限の終わりがやって来る。
出世競争も決着して退職の時を迎え、所属している企業や団体などと決別して、新たな環境に場面が変わった時に、どのように激変した状況を受け入れて、心豊かに生きることができるか、生きていく指針となる人生観、大局観ができているかどうかが問題となる。
荒海に漕ぎだしたあるビジネスパーソンの転職に至るまでの軌跡を辿りながら、ビジネスパーソンの働き方と、生き方とは何かを探り、どうあるべきかを考えてみたい。
著者紹介 
satos(サト… 以上まえがきより抜粋

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数1253件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす