防波堤を歩きながら

個数:1
  • Kinoppy

防波堤を歩きながら


ファイル: /

内容説明

「私のほかに女性がいるでしょう」と彼女は何度も言う

「私のほかに女性がいるでしょう」と、
女性が男性に向けて問いかけたとしたら、詰問と考えるのが通例だろう。
しかし片岡義男の小説にあっては、通例に従うようなことはまずない。
この言葉は彼女が持ちたがっているイメージであり、願望であり、
嫉妬であり、そしてなにより、男に対する投げ出すような愛情である。
それを受け止めながら男は嘘をつく。ひどい男? そうだろうか。
男の気持ちはなにげないようで実に不思議な
ラストシーンに鮮明に現れている。

【著者】
片岡義男
1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数370件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす