香水と誕生日

個数:1
紙書籍版価格 ¥405
  • Kinoppy

香水と誕生日

  • ISBN:9784061853713

ファイル: /

内容説明

誰にも冒しがたい、彼女たちの肖像

女も男も、片岡義男の小説の登場人物には
他の作家に例を見ない魅力が備わっているけれども、
「では、男女のどちらがより魅力的か?」という
酔狂かつ、いささか不毛な問いを立てるとすれば
やはりどうしたって「女性」と答えることに躊躇はない。
誕生日が同じ週に集中している同年齢のそれぞれに
魅力的な女性たち。口説かれることを楽しむ女性たち。
過去と向き合い、それが現在の自分に及ぼした影響を
冷静に分析する女性。ミステリーのヒントを探し求める女性。
それぞれの女性のあざやかな輪郭が浮かび上がる短篇集。

【著者】
片岡義男
1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/

目次

猫を着る
花なら赤く
香水と誕生日
平行線
お腹が痛い
脱いだ服
あの星とこの涙
深夜の防波堤
日曜日の買い物
ある日の夕食
濡れた髪
ミステリーを書く人

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yourkozukata

0
冒頭作「猫を着る」は見たこともない切れ味のよい異色短篇。全体的に非常に出来がよく、『夏と少年の短篇』の姉妹編のような「平行線」もよい。2008/09/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/434350

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数467件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす