ほぼ完璧な情事

個数:1
  • Kinoppy

ほぼ完璧な情事


ファイル: /

内容説明

われわれが「現実」と呼んでいる何がしかの出来事を言葉で作り上げる。

言うまでもなく、小説は言葉でできている。
恋愛小説だって、小説である以上、やっぱり言葉でできているはずだ。
そしてこの短編小説は、まだ起きていない情事を
男女2人の会話によって言葉で構築する。
そもそも言葉で出来上がっている小説の中で
未遂の行為、あるいはやらないかもしれない行為を言葉で造型する、
という二重の構造をこの小説は持っている。そして読者はこう思うかもしれない。
いや、ここにある会話の言葉たちは現実の前哨戦ではなく、
すでにそれ自体がじゅうぶんな現実である、と。

【著者】
片岡義男
1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/