彼らがまだ幸福だった頃

個数:1
紙書籍版価格 ¥492
  • Kinoppy

彼らがまだ幸福だった頃


ファイル: /

内容説明

生きることは、見ることのレッスンだ

徹底して「見る」ということを主題にした長篇である。
刻々と変化する時間と風景の中で何をどう見るのか。見て記憶するのか。
見ることを精密にするためにこの小説で導入されるのが写真。
男は写真を撮ることを通じて「見る=思う」ことを学ぶ。
そして女はいつも見られる存在でありつつ、「なににもならないままでいる」ことを続ける。
場所が変化する。ホテル、という中立の場所がある。
オートバイもある。それらはすべて「見る」ことのための好ましい環境だ。
「見る」「見られる」ことができている時間が幸福の時間である。

【著者】
片岡義男
1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数420件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす