彼らがまだ幸福だった頃

個数:1
紙書籍版価格 ¥501
  • Kinoppy

彼らがまだ幸福だった頃

  • ISBN:9784041371466

ファイル: /

内容説明

生きることは、見ることのレッスンだ

徹底して「見る」ということを主題にした長篇である。
刻々と変化する時間と風景の中で何をどう見るのか。見て記憶するのか。
見ることを精密にするためにこの小説で導入されるのが写真。
男は写真を撮ることを通じて「見る=思う」ことを学ぶ。
そして女はいつも見られる存在でありつつ、「なににもならないままでいる」ことを続ける。
場所が変化する。ホテル、という中立の場所がある。
オートバイもある。それらはすべて「見る」ことのための好ましい環境だ。
「見る」「見られる」ことができている時間が幸福の時間である。

【著者】
片岡義男
1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kishikan

16
巻頭のモノクロ・カラーの写真を眺め、それから小説のページをめくる。バイク、高原のホテル、写真、淡々とした話のようで、でもやっぱり片岡義男だよなぁ。70年代アメリカン・ポップスを日本風にアレンジした、それでいて抑揚はないけれど、何か情熱を内に秘めた物語。あまりにも情報があふれていて、それもインターネットですぐに情報を手に入れられる現代では、このような小説は味気ないものに映ってしまうのだろう。文章から映像や心の動きを自由に想像する面白さ、それを味わえるこのような本が少なくなってしまったなぁ・・・。2012/05/14

りんご

4
偶然知り合ったライダーの男女の物語。 雰囲気を味わいます・・・2021/10/09

moonset38

0
何にもならない、なりたくないというのは、貧乏なのか。2017/01/29

TAC

0
85年読了

りょうけん

0
面白かったとか感動したとか、なぁんにも無い本です。 まあ、強いていえば空気みたいに軽い本、かな。 いくら読んでも満足はしないし、また表題のように幸福にもならない本です。 なぜ、このような本たちに、その昔若かった頃は夢中になっていたのだろう。 一種の流行病のようなものだったのだと、今は思う。 ああ、片岡義男、あとまだ何冊あったかなぁ2011/11/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/528609

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数467件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす