高原のティー・タイム

個数:1
  • Kinoppy

高原のティー・タイム

  • 著者名:片岡義男【著】
  • 価格 ¥270(本体¥250)
  • ボイジャー(2015/07発売)
  • ポイント 2pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

高原の静かなティー・タイムは、
にぎやかな劇を挟んで、再び画面にあらわれる。

小説においては、このような物語も可能なのか?
そうだ、むろん、十分に可能だ、とでもいうような一編。
最初と最後に、1つの視点がある。
その視点はフィクスで、テレビ画面を観ている。
紅茶のCMが表れる。秋の高原のティー・タイムだ。
CMが終わったら、番組が始まるだろう。
こちらはうってかわってにぎやかだ。うるさいほど。
番組の背後にあるアクションの積み重ねも、せわしない。
やがて、人によっては「惨劇」と呼びたくなる場面を映したあと
テレビは再び、高原のティー・タイムに戻る。

【著者】
片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数370件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす