ホテル・ルーム2

個数:1
  • Kinoppy

ホテル・ルーム2


ファイル: /

内容説明

彼女の待つ仕方について
この、ごく短い短篇小説の中で起きていることは何だろう?
彼女は男に何度も電話をする。
男は仕事で拘束され、自由の身になれない。
女は待つ。長い時間、待っている。
しかしそれは辛抱強さやけなげさ、逆に意地になった感情などとは無縁の、彼女なりの待ち方だ。
ことによると他人は、それを「待っている」とは認めないかもしれない。
そもそも彼女は、待ってなどいないのかもしれない。
ここで起きていることはいったい何か。
「ホテルルーム1」との併読をオススメします。

【著者】
片岡義男
1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。