ふたとおりの終点

個数:1
  • Kinoppy

ふたとおりの終点


ファイル: /

内容説明

終点を語る4人の男女、未だ終点に至らず。

同じ大学に在籍していた男女4人がステーション・ワゴンで西へ向かう。
やはり同じ大学にいた友人の結婚披露宴に出席するためだ。
社会に出て数年。もはや学生ではないが職場ではまだ中枢まで至らず、宙ぶらりんの時期である。
しかも独身。男2人にとって結婚は自分の問題ではなく1つの話題として話のネタになるばかり。
さっさと手を動かしているのは女のほうだ。
目的地にはまだ着かない。
ふだんはまるで縁のない地方都市の朝の光の中で、よるべない存在として、4人はステーション・ワゴンの中に浮いている。

【著者】
片岡義男
1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。