女は気だてと人は言う

個数:1
  • Kinoppy

女は気だてと人は言う


ファイル: /

内容説明

それは彼女の流儀
女は気だてと人は言う。
だったら私の気立ては最悪だと女は言う。
それは投げやりでも自嘲でも、すねているのでもなく、
そうとしか言いようがない、というサッパリした理解だ。
前の亭主と離婚しようとしている女の傍らに、男はいる。
彼が新しい男になることを、女は拒まない。
それどころか子供さえも。
しかし、女には認めないものがある。
それは何か。彼女の流儀が拒否する、それは何か。

【著者】
片岡義男
1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。