愛の基礎としての会話

個数:1
  • Kinoppy

愛の基礎としての会話


ファイル: /

内容説明

「私は」と「私も」

片岡義男の小説にはしばしば作家が登場し、
今まさに思いついたストーリーを
目の前の相手(作家はたいてい男で相手は女だ)に向かって
語ることで成立している作品群がある。
ここでの女性は金髪で青い瞳のアメリカ人女性だ。
彼女は、日本語が日本人に無意識のうちにもたらしているものを
分析した本を書こうとしている。
日本語と英語をめぐる二人の批評的な会話の中で
彼は彼女が放った「私は」を「私も」に変更することを要求する。
それは信頼関係にある、そして異文化に属する
二人のあいだにかけられた美しい橋である。

【著者】
片岡義男
1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数467件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす