嘘はほんのり赤い

個数:1
  • Kinoppy

嘘はほんのり赤い


ファイル: /

内容説明

真っ赤な、までは行かない嘘とは、どのようなものか?

この小説のタイトルを確認してから読み始めれば、
その「嘘」というのはおそらくこのことだろう、
という察しは、たいていの読者にはつくのではないか。
だからその「嘘」はそれほど巧妙に仕組まれたものではない。
そのことよりも、男が2人、女が1人というその力関係と
女性が持つ魅力のための軽い装置として「嘘」はあると考えていい。
3人がライダーであるならば、いささか大掛かりな「嘘」の仕掛けも
「真っ赤な嘘」までは行かない、ほんのりと赤く染まる程度なのだ。


【著者】
片岡義男
1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/