ある日の真夜中

個数:1
  • Kinoppy

ある日の真夜中


ファイル: /

内容説明

真夜中の続きは朝
このストーリーは、このあと、どうなるのだろう?
それを考えるのが非常に楽しい作品だ。
用心深く注意をはりめぐらし、出来事が起こらないように行動することと
およそ正反対の主人公が愛らしい。
迂闊にもほどがある、とも言えるし、無頼だとも言える。
その時その時で、彼はやりたいように振舞うのみだ。
真夜中が続けばやがて朝が来る。
どんな朝か、想像する自由は読者の手の中にある。

【著者】
片岡義男
1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。