私のなかの三つの夏

個数:1
  • Kinoppy

私のなかの三つの夏


ファイル: /

内容説明

二つでは終わらない、まだ三つ目の夏がある

自由恋愛。あるいは嫉妬。
そのように呼んでしまうといかにも陳腐に聞こえるが、この短編が少女向け小説のレーベルからリリースされたことには驚いてもいいだろう。
夏があり、高原のホテルという小世界があり、女性が2人、男性が2人。
4人のあいだには2組のカップルがあり、その組み合わせがふと変化する。
まるで日差しを受けたプールの水面のように。
変化する前と後で2つの夏がある。
変化に身を委ねることができない1人を置き去りにして、早くも3つ目の夏が始まろうとしている。

【著者】
片岡義男
1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。