彼のオートバイ、彼女の島2

個数:1
紙書籍版価格 ¥325
  • Kinoppy

彼のオートバイ、彼女の島2


ファイル: /

内容説明

映画を書く、という仕方で行なわれる作品解説もまた、1個の独立した作品である

『彼のオートバイ、彼女の島』の続編ではない。
先行するその小説が映画化されるとしたらどうなるか、ということをテキストでやってみる、しかも同じ作家の手によって、という試みである。
場面描写が続く、ということだけでは済まず、そこにカメラと、そのフレームの意識、さらにはフレームが切り取る画面の意識が強固に表れるのが片岡義男らしい。
いわばこの作品は、作家自身によるカメラを媒介にした作品解説であり、批評なのだ。
そしてそれは同時に、生まれ変わった独立した作品でもある。

【著者】
片岡義男
1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。