缶ビールのロマンス

個数:1
  • Kinoppy

缶ビールのロマンス


ファイル: /

内容説明

ロマンスは一人で
オートバイで長距離を移動するなら電車やバスなどの移動手段と違い、
時には先に進めないアクシデントが起こり、予定外の遅れが生じることもある。
しかし主人公の「ぼく」は、その予定外の遅れを半ば以上意図して行い
恋人と会う時間を先延ばしにしている。
会いたくないのか? といえば、すこし違うだろう。
今、彼は違う種類のロマンスがほしいのだ。
いつでも、どこでも、そしていくらでも缶ビールを飲むという、平凡で最高のロマンスを。

【著者】
片岡義男
1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。