無理をする楽しさ

個数:1
  • Kinoppy

無理をする楽しさ


ファイル: /

内容説明

だめ、だめ、その日もだめ

これもまた「再会」の物語である。
片岡義男の小説世界にあっては1台に2人が同乗することももちろんあるが、
1台に女が、別の1台に男が乗り、前後して道を走るシーンの美しさが際立つ。
2台が1台になるのはどちらかの自動車ではなくホテルのベッド、という成り行きになっていく。
問題は「再会」のその次だ。
次に会う機会をわざと延ばしてみるのもいいかもしれない。
例えば次がまた新たな「再会」になるくらい遠くまで。

【著者】
片岡義男
1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。