雨に唄えば

個数:1
  • Kinoppy

雨に唄えば


ファイル: /

内容説明

カメラとビー玉
何も起こらない小説、と言ってみたくなる。
それはもちろん嘘で、ここには女と男が登場し、
女は仕事をこなし、男は女を送りおどける役目を果たしている。
それは非合法に抵触しているものの、そのことによる翳りも屈託も、そして危機もない。
すべては淡々と過ぎて行き、彼女と彼はどちらかといえば陽気である。
世間にはカメラやビー玉で妙な遊びをする男もいるが、それも驚くようなことではまったくない。
むしろ関心は雨が降るか降らないか、そちらのほうだ。
降りだした雨には、演歌がよく笑う。

【著者】
片岡義男
1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。