と、彼は思った

個数:1
  • Kinoppy

と、彼は思った


ファイル: /

内容説明

と、彼らは語り合った

ある時、本のあいだに挟んであるモノに気が付き、
思わず昔を懐かしむ、ということは誰にでもある。
この小説では1枚のスナップ写真だ。
ほんの3年前。しかし20代の3年間といえば、
当時と現在とでは大きな差異があることも理解できる。
文庫本の中に挟まっていた1枚のスナップ写真を見ながら
若い夫婦は旅に出る。それは過去の検証から始まり、
「そうだったのか」という軽い驚きを伴いながら、
やがて空想へと至る。
そしてあの頃と現在をつなぐのは、赤い花束だ。

【著者】
片岡義男
1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数467件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす