肩をうしろから見る

個数:1
  • Kinoppy

肩をうしろから見る


ファイル: /

内容説明

あまりにも観念的であることを突き詰めて行くと、それはやがて身体的なものになるのかもしれない

理屈っぽい会話。それこそ、ある意味で
片岡義男の小説の真骨頂である。
「理屈っぽい」と表現すれば悪口だが、妥協を許さず、
男女が一つの観念をめぐって会話を持続させていけば
それはある地点から極めて身体的な実験となって現れる。
自分たちが望む状態を壊さないために
もう一つの、やはり自分たちが切望する行為を断念する、
断念し続ける男女の姿は端から見れば滑稽なものだが
その状態を生き切る切なさと強さが、繰り返すが片岡小説の真骨頂である。

【著者】
片岡義男
1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数467件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす