一日じゅう空を見ていた

個数:1
  • Kinoppy

一日じゅう空を見ていた


ファイル: /

内容説明

最高の贈りものは時間である
一日じゅう空を見ていることを可能にするもの、
それも最高の条件で見続けることを可能にするのはいかなる状況か、ということをこの小説は描いている。
どんな高価なプレゼントよりも記憶に残り、消費や購買とも無縁なその成り行き。
読者の皆さんもまた、出典を明らかにすることなく
この短篇とそっくり同じ一日を過ごしてみるとよいかもしれません。

【著者】
片岡義男
1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数370件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす