彼女の心とその周辺

個数:1
  • Kinoppy

彼女の心とその周辺


ファイル: /

内容説明

自分と、自分に良く似たもう一人の女性。小説による定点観測の試み。

相当に実験的な作品、と言っていいだろうか。
彼女は終始、1人であり、この小説に会話は一切無い。
しかし彼女は会話の代わりに想像する、もう1人の自分を。
あるいは自分によく似た女性を。あるいは自分のかつての思い出を。
それら、現在の彼女にとっての「周辺」とともに彼女は生きている。
場所はホテルの一室、という極めて匿名性の高い空間であり、
鏡がそこでは大きな役割を果たす。
小説による定点観測の試みであり、
片岡義男による徹底したミニマリズムの試みである。

【著者】
片岡義男
1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/