青弓社ライブラリー<br> 一九三〇年代のメディアと身体

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy
  • Reader

青弓社ライブラリー
一九三〇年代のメディアと身体

  • 著者名:吉見俊哉【著】
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 青弓社(2014/07発売)
  • ポイント 16pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784787231970

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

転換期の文化・思想には、どのような現代性をもった言説空間が横たわっているのか。「総力戦」「宣伝」「観光」「メディア」「口演」「放送」の6つの視点を切り口に、メディアと身体が重層的にかかわりはじめた時代における社会の深層意識の変容を解読する。

目次

第1部 1930年代という問題(1930年代論の系譜と地平)
第2部 1930年代を読みなおす(1930年代と「戦争の記憶」―集合的記憶のメディア論的検討 プロパガンディストたちの読書空間 「2つの近代」の痕跡―1930年代における「国際観光」の展開を中心に メディア論的ロマン主義―横光利一と中井正一、メディアの詩学と政治学 「新作」を量産する浪花節―口演空間の再編成と語り芸演者 「耳」の標準化―認定ラジオという逆説)