年収400万円の中小企業から年収800万円の大手企業に転職できる方法。

個数:1
  • Kinoppy

年収400万円の中小企業から年収800万円の大手企業に転職できる方法。


ファイル: /

内容説明

さっと読めるミニ書籍です(文章量15,000文字以上 20,000文字未満(20分で読めるシリーズ)=紙の書籍の30ページ程度)

【書籍説明】

従業員の平均年収が400万円台の企業に務める会社員が、平均年収800万円台の大手企業に転職することで年収アップを実現するための方法を紹介する。

特に「30代の転職による年収アップ」にフォーカスする。

実際に平均年収400万円台の中小企業から、平均年収800万円台の大手企業への転職を果たした筆者の実体験をもとに劇的年収アップを果たす方法を解説する。

本書の使い方
1.本書をすべて読む
2.本書に従って転職活動の準備を始める
3.転職活動を開始する
4.平均年収800万円台の大手企業に転職する



大手企業とは各業界のTop企業だ(上位20位が目安)

中小企業とは中小企業基本法が定める中小企業。従業員数は300名以下となる

400万円企業:平均年収400万円台の企業。多くは中小企業

800万円企業:平均年収800万円台の企業。本書では日系の大手企業とする

生涯年収の差は1億円

そして1億円以上の平均年収400万円台の企業に勤務し続ける壮大なデメリット

見えないところでは更に差がついている

800万円企業の多くは従業員に十分な投資をする。

いつ行動を起こすのか?いつまでなら間に合うか?

30代後半がリミット

大手企業が中途採用で最重要視する要素は?

志望企業とあなた自身のギャップとは?

年収のギャップと案件規模のギャップが鍵… 以上まえがきより抜粋

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数398件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす