ブラック企業で働いたら、うつ病になった。 - 俺は、この本で「うつ」と「ブラック企業」から決別す

個数:1
  • Kinoppy

ブラック企業で働いたら、うつ病になった。 - 俺は、この本で「うつ」と「ブラック企業」から決別す


ファイル: /

内容説明

さっと読めるミニ書籍です(文章量15,000文字以上 20,000文字未満(20分で読めるシリーズ)=紙の書籍の30ページ程度)

「役立つ」「わかりやすい」「おもしろい」をコンセプトに個性あふれる作家陣が執筆しております。
自己啓発、問題解決、気分転換、他の読書の箸休め、スキルアップ、ストレス解消、いろいろなシチュエーションでご利用いただけます。
是非、お試しください。


【書籍説明】
この本はメンタルヘルス関連の関係者すべてに読んでほしいと思います。
例えば企業であれば労務管理に関わる人、それと部下を持つすべてのサラリーマンにも是非読んでいただきたいです。
どうなったら企業でうつ病になるのか?
どういうふうに思考を持っていけば回復への糸口がつかめるかをまさに闘病から復活せんとする本人が赤裸々に語ります。

【目次】
願い
自分のことを少し
最初の仕事
新聞社にて
営業マン時代[1]
営業マン時代[2]営業から採用へ
営業マン時代[3]採用担当営業マン時代のピーク
そして新会社へ
大阪へ。人生最大の悲劇
介護業界にて うつは近づくな!
仕事でやり残したこと うつでの失敗談
どうしたらうつにならないか 思考法の変化
ブラック企業に捕まらない方法。捕まったときどうする?
うつとブラック企業への決別
人生のレール
背中を押してください

【著者紹介】
zukichan(ズキチャン)
金融業界紙記者、人材派遣会社数社、障害者介護などに携わり現在ライター修行中。
金融業界紙記者時代に不安障害を発症し、うつ病などメンタ… 以上まえがきより抜粋

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数397件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす