近代麻雀コミックス<br> むこうぶち 高レート裏麻雀列伝(39)

個数:1
紙書籍版価格
¥712
  • 電子書籍
  • Reader

近代麻雀コミックス
むこうぶち 高レート裏麻雀列伝(39)

  • 著者名:天獅子悦也【著】
  • 価格 ¥712(本体¥648)
  • 竹書房(2015/10発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784812487662

ファイル: /

内容説明

バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀”がいた。利権を賭けた代打ち勝負…及川翁の立てた代打ち・赤川と劉大人からの使命を受けた・江崎 一進一退が続く勝負の結末は?人鬼に作った『借』を踏み倒そうとする男が辿る意外な末路とは…そして、石川さんが傀と再度激突する!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

らっこ

2
雀運のなさを逆手に取って当たり牌を止める赤川の不気味な強さ。後堂の江崎への信頼感が熱いものの、七対子上がられた時の江崎の表情が珍しくゾクッとしました。決着のつけかたも含め面白かったです。また逃げる男は傀の特徴である貸しは1日限りという部分にスポット当てた話で、こちらでも超人的な何かを見せてくれました。ラストは再登場の石川さん。いつもの倍のニコニコ顔も半ベソもまったく悟らせぬポーカーフェイスを武器に、勝てないけど勝つを実行して欲しいな。2023/10/01

祐樹一依

2
【○+】石川さんが勇者。2023/09/24

北白川にゃんこ

2
俺達の石川さん!2018/12/30

1
3 「円卓」絶対に当たり牌を掴んでしまう男、赤川。リーチだろうがダマテンだろうが、誰かがテンパると絶対に当たり牌をツモり、待ちを変えればレーダーでもついているかのように変えた先の待ちを持ってくる。うーん、別に今更リアルじゃないなどという気は全くないが、そこまで露骨なのは傀だけにしてほしいかな…超能力麻雀対決なら他の作品があるので。「石川さんの冒険」傀に唯一勝った男、石川さんが再登場。やはり勝ち逃げは許されないのか…。2024/03/07

ぱ隹越九朗

1
前巻の続き「円卓」、傀に借りを作った男が取り立てをどうにかかわせないかと企む「逃げる男」、コンビ打ち疑惑のある男二人と傀の闘牌を描く「正体」、惚れたスナック店員の負け分を取り返すために石川さんが高レート卓に挑む「石川さんの冒険」を収録。最後の石川さんがとても良い……。2022/02/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8158059
  • ご注意事項
 

同じシリーズの商品一覧

該当件数61件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす