近代麻雀コミックス<br> むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (6)

個数:1
紙書籍版価格
¥618
  • 電子書籍
  • Reader

近代麻雀コミックス
むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (6)

  • ISBN:9784812456644

ファイル: /

内容説明

バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀”がいた。プロ野球界のルーキーとベテラン投手。赤有り麻雀を得意とする裏プロ。女を騙しガン牌麻雀で遊ぶ金を稼ぐ生臭坊主。そしてコンビ打ちの接待麻雀で散財させ土地を干し上げる不動産屋……。高レートの場にて人鬼・傀に翻弄されていく人々の運命は――!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Worldさん

2
イカサマがよく出てくるようになる。野球の回が褒められているが業界と麻雀組み合わせていい感じのオチにするのが上手いんだな。2023/02/21

らっこ

2
野球の話のラストで傀に潰されたらしき男の姿が印象的。蛭の話で出てきた秀さんは赤あり麻雀で再登場なものの、わりとアッサリでしたね。生臭坊主は胡散臭過ぎて逆に笑えました。小細工を見抜くのも傀は得意なのか…やられたらやり返す倍返し的爽快感でしたけど、傀の老眼仕草を見てみたかったかも。何かいい感じに話がまとまる不思議さでした。傀と争って生き残るコツは邪鬼のあるなしなのかも。ラストのあぶくぜにはどの勢力がくるくる回されるのか気になります。2022/01/28

北白川にゃんこ

2
赤牌がブームだった時期なんだね。僕も好き。2018/12/23

1
3.5 女を誑かす生臭坊主をかっぱぐの巻、破滅エンドかと思いきや実家が太すぎて助かってて草。やっぱ寺って儲かるんやな。次はラーメン屋を追い込む不動産屋。草食動物を狩る肉食動物も傀の前では等しく獲物。まとめておいしくいただきますしちゃうのかな。2023/12/01

祐樹一依

1
【○+】オン!2023/03/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/443201
  • ご注意事項
 

同じシリーズの商品一覧

該当件数61件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす