モーニングKC<br> GIANT KILLING(46)

個数:1
紙書籍版価格 ¥715
  • Kinoppy
  • Reader

モーニングKC
GIANT KILLING(46)

  • 著者名:ツジトモ/綱本将也
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2018/01発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065107355

ファイル: /

内容説明

アジアカップに挑む日本代表、発表! ブランの言葉を日本中が固唾をのんで見守る――。そして、リーグ戦は残り5節。4位のETUが今季勝てていない難敵・清水に挑む! 「代表」への思い、タイトルへの渇望。それぞれの思いが交錯するフィールドに、キックオフの笛が響く!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

180
今巻は椿の巻だったなぁ。両監督も凄いけど達海が一枚上手なんだな。2018/04/26

みやこ

61
ブランの日本代表選考基準。いいね。わくわくする。責任の重さを自覚してそれに見合う働きができること。これは仕事にも当てはまる。手を抜くことは簡単だけど、頑張り続けることは意外と難しい。責任を自覚した椿の中央突破はお見事。彼はこの先もっと強くなる。蛯名の熱血っぷりは嫌いじゃない。監督同士の交流もこの漫画は面白い。ダルファーに対する達海の大人げなさは笑えるレベル。達海をリスペクトする蛯名のモノローグに感動した後に、押し寄せた淋しさ。だが、シーズンはまだ終わっていない。「その日」までは存分に楽しませてもらおう。→2018/05/13

山田太郎

35
椿がプレミア行ってそこの監督が達海という最終回はどうですか。なかなか1シーズン終わらないなと。2018/01/25

眠る山猫屋

34
清水戦は一気呵成、蛯名監督が好漢。熱血漢というだけではない、色々見えている男だ。しかし46巻にしてまだ一年目なんだっけ?!椿って本当に急成長。2018/02/17

なると

30
重圧を感じた際の個々人の行動や判断が、その人物を成長させるか否かの分岐点になっている。その点において椿君は全く問題ございません。初ゴール決めたあの子名前忘れたけどおめでとう。この様に達海監督は選手の能力を引き出すのがやはり上手い。そして自分無き後の今後のETUを見据えて指導していると感じてしまう。いやだいやだジャイキリが終わっちゃいそう。相も変わらず今巻も選手達のわちゃわちゃが楽しかったのに。2018/01/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12504729

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数60件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす