GIANT KILLING(29)

個数:1
紙書籍版価格 ¥715
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

GIANT KILLING(29)

  • 著者名:ツジトモ【漫画】/綱本将也【原案・取材協力】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2013/12発売)
  • 梅雨を楽しむ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/29)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063872620

ファイル: /

内容説明

違和感があった。大きくないだけに、致命的な“綻び”が。見据えろ、チームとして切り替えるべきものを。――椿(つばき)と赤崎(あかさき)がU-22五輪日本代表の重責から解放され、ようやくETUに合流! ところが、ジャパンカップでの連敗を引きずってか、チームの雰囲気はなんだか微妙。なぜか達海も、明確な改善策を講じない……。チームもまわりも何か違和感を抱えたまま、アウェーの浦和(うらわ)戦に突入してしまう。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

123
サポーターが一致団結してきているのにチームの状態がまずくなってきているのだなと思った。しかし椿が日本代表ですごかったな。2014/07/08

17

78
代表戦、鹿島とのカップ戦、そして浦和レッドスター戦。ETUの変わっていることと変わっていないことのバランスって難しいですよね。と言いながら、浦和サポの自分的には複雑です。がんばれ浦和?2013/10/24

exsoy

47
忘れるか、覚えているか。前に進むためにはどちらがいいのか。折角サポーターが同じ方向を向き始めたのに、肝心のチームがギスギスしはじめた。2013/10/26

ミリオン座

42
序盤は椿が活躍する五輪最終予選の話で、楽しく読めました。 以後は、チームが次のステップにすすむための話。 いわば、バネが伸びて弾ける前の縮んでいるような話なので、私としては楽しめませんでした。 弱小チームをタツミの賢さで「大物喰い」するのが魅力で、その仕掛けと結果が斬新で面白いコミックでした。 昨今は、チームとしての在り方、選手としての気構え等の小難しいストーリーも取り込まねばならないようです。 最近は週刊モーニングも読まなくなり、魅力がなくなってきた気がします。2013/10/26

ぱぴよんゆう

40
タツミの考え込む姿の表紙。椿はもちろんサイコーにイイんだけど、そのサイコーな選手生活を経てとんでもないカントクになったタツミは、立ち止まる事も戻る事も考えてない。負け試合のビデオを研究したり、突き放したり、やれる事は示していく。サイコーに面白い試合をしてジャイアントキリングを起こすチームにするために。2013/10/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7332179

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数60件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす