GIANT KILLING(41)

個数:1
紙書籍版価格 ¥693
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

GIANT KILLING(41)

  • ISBN:9784063886177

ファイル: /

内容説明

かつての戦友・石浜が移籍したヴァンガード甲府戦が決着し、リーグジャパンは代表ウィークへ突入! U-22代表の椿はアウェイのベトナム戦へ、そして代表初選出の夏木はホームでホンジュラス代表を迎え撃つ。それぞれの戦いの行方は――!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

199
今の日本代表はどうしたんだろうか?この巻に出てくる持田の様な人が出てきてほしいなぁと思った。ETUの成長が順調でいいなぁ。2016/09/11

Die-Go

66
レンタル。サッカー漫画。甲府戦が終わり、ETUからレンタル移籍している石浜とサポーターとの交流にグッとくる。いよいよ、東京ダービー。相手チームの持田の復活が嫌な予感を漂わせる。★★★★☆2016/09/21

みやこ

61
切磋琢磨。或は好敵手。そんな言葉が終始脳裏を過る。競い合ってこそチームも選手も成長する。かつてのチームメイトが在籍するチームとの対戦。お互いに敬意を持ち、全力で闘い抜いた試合後のETUサポからの石浜コールには胸が熱くなった。そしてモッチー!待ってた!絶対王者の復活。怪我あけの持田は良くも悪くも自分の立ち位置を認識していて、今何をなすべきかをわかっている。期待された以上の成果を出すことは生半可な気持ちではできないだろう。だが、それをやってのけてしまう強さが持田にはある。いつまでもギラついた彼でいてほしい。→2016/07/28

wata

57
いつのまにか強くなってたくさんのファンも集うように成長したETU!お疲れの椿くんやおっちょこちょいの夏木さん、そしてネクラの花森さん、みんな良い味出てます(笑)持田選手は~怖そう…(^^;2016/09/22

くりり

54
持田の存在感が際立った巻、そして期待通りの夏木(笑)2016/09/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11032740

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数60件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす