GIANT KILLING(12)

個数:1
紙書籍版価格 ¥715
  • Kinoppy
  • Reader

GIANT KILLING(12)

  • ISBN:9784063728408

ファイル: /

内容説明

不振にあえぐ東京ヴィクトリー、名門としての存在理由の危機! 名門クラブの選手でいる覚悟はあるか? シーズン中盤の大一番、東京ダービー開幕! 平泉(ひらいずみ)は、あえて動かない。達海(たつみ)のしかける策が、東京V(ヴィクトリー)の弱点を明らかにしようとも――。名門クラブの一員であるという選手たちの誇りが、チームを変えるそのときを待っていた!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

88
持田の存在感がすごいな。この漫画ってなんかテニスの王子様のサッカー版て気がしてきた。2014/05/26

17

44
対東京V戦。圧倒的な持田の存在感!敵ながら凄いです。2012/04/01

くりり

35
タッツミーの指示通りに隙を突いてETU先制。しかし、王様持田の笑顔が怖い!2014/09/01

ピち子

31
◆漫喫◆ 【○】 今シーズンは不調と言われている“東京ヴィクトリー”との東京最強の座をかけた試合。 開始早々1点を先制して後半に折り返すが“東京ヴィクトリー”個々のメンバーの歯車が噛み合いはじめ、ETUが押されはじめる。 そして満を持して“東京ヴィクトリー”エースの“持田”が投入され、どうするETU!?2010/10/08

645

26
持田の存在感がヤバい(笑)アクの強いキャラだな。個の能力もさる事ながら影響力が絶大。その上チャンピオンチームの持つメンタリティーや勝ちへの飢えが凄まじく彼がピッチに戻って来ただけでチームは活気づく。平泉監督は達観している印象。代表監督落選や自身が崖っぷちな現状。その悲哀が名門の監督たる姿を表している。達海が弱点を教えてくれる発言はゾクッとしたな。堅実だが熱いそんな監督だと感じた。椿は先制点だけでなく追加点を狙う。あの持田にビビってもプレーは精彩を欠く事は無い、成長を感じるな。前回の引き分けの決着を! 2013/01/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/560840

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数60件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす