GIANT KILLING(58)

個数:1
紙書籍版価格 ¥715
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

GIANT KILLING(58)

  • 著者名:ツジトモ【著】/綱本将也【その他】
  • 価格 ¥682(本体¥620)
  • 講談社(2021/05発売)
  • Kinoppy 電子書籍 全点ポイント25倍 5000円以上でボーナスクーポンGET!(~7/3)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065232767

ファイル: /

内容説明

前半を同点で終えた各チームのハーフタイム。新布陣「4-3-3」で挑むETUのロッカールームは不甲斐ないサッカーにビミョーな空気が流れる中、「お前たちっておばけ信じる?」といつもの達海節。目が「?」になる選手をよそに、指揮官は前半の不運を分析。新布陣の意図も明かされる。一方、負けたら降格の大分は、新監督と新GMが超ポジティブに選手たちをモチベートするが・・・。こちらは一枚岩とはいかないようで・・・。勝負の後半、追加点を奪うのは? そして、アジア杯でどん底まで落ちた椿の途中投入はあるのか!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みやこ

56
サッカーは一人で戦う競技ではないのだということが、至るところから伝わってくる。選手、監督、スタッフ、サポーター、家族。それぞれの思いが、そして個人がそれまでに積み重ねてきたものが、今現在の自分に何らかの影響を及ぼす瞬間がある。代表で大きな挫折を経験した椿が辿り着いたトンネルの出口。お帰り、と。思わずウルっとなったのは二番目の感情。一番目は「きゃーーー!ジーノかっこいい!!」だった自分、ぶれてない。(笑)そこにどんと構える村越がいて、個人的には大満足。「お前の周りには俺達がいる」頼もしい大黒柱なのです。→2021/05/30

眠る山猫屋

55
“日本一の挫折”から這い上がれるか椿!!独りぼっちで誰の言葉も届かない場所にいた椿。だが、ピッチにはチームメイトたちがいた。村越やジーノ、思い返せば最初から椿を導いてくれていた先輩たち。そしてサッカーを愛していた自分自身も常に共にあったことを思い出した椿。今までの集大成が詰まっているような68巻。68巻!?いや・・・そんなになったのかぁ。陽子お姉ちゃん、よき理解者、暖かい。2021/05/24

進☆彡19@雰囲気重視

26
困るよ……サッカー漫画なのに涙腺攻撃してくるなよ。電車の中だぞ。スーツだぞ。目頭にハンカチ当てるおっさんの身になってほしい。見どころは、やはり椿の復活劇。涙腺崩壊の1度目は、椿の視界が明るくなった場面。ここであぁぁぁあとなって、2度目はもちろん夏木のゴールシーン。椿復活に華を添える豪快ヘッド。夏木のゴールはどれも本当に華がある。本人はイジられてばかりだけど😆一体感をますます強固にしたETU。初戴冠に向けて駆け抜けろ!2021/06/02

しましまこ

20
椿がピッチに。幼い頃の椿と姉ちゃん、泣かすなよ~。2021/05/23

マサキチ黒

17
いや、数年ぶりに良い巻でした(泣)。 2021/06/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17952773

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数60件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす