GIANT KILLING(16)

個数:1
紙書籍版価格 ¥715
  • Kinoppy
  • Reader

GIANT KILLING(16)

  • ISBN:9784063729184

ファイル: /

内容説明

10年前のETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)、10年前の達海(たつみ)――完結。夏の中断期間の一大イベント「キャンプ」! 後半戦を戦いぬくための大切な準備期間。達海は選手たちに問いかける。「俺がお前たちにどうなってほしいか?」……さあ、考えてみよう! 人心掌握どころか人心乱す達海のマル秘練習メニュー公開! さらには、謎の男ミスターT率いる大学生チームがETUをコテンパンに!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

141
キャンプでまた面白そうな内容のコースだなと思った。2014/06/04

17

52
ある程度想像していた通りだけど、達海の過去は切ないなあ。ゴールは同じなのに、選ぶ方法が違って結局大切なものが壊れていく切なさ。夏キャンプ始動。またまた波乱の予感。2012/04/11

くりり

39
タッツミーとETU の悪夢、当時の会長に反論出来なかった者共の責任やな2014/09/02

ピち子

34
◆漫喫◆ 【○】 達海がチームを去った(移籍した)理由も明らかになる過去編が終了し、舞台は現在に戻る。 チーム力(総合力)を高める為、中間期キャンプで組まれた大学生との試合に、ハンデのあるETUはプロとして勝利することができるのか…負けたら恥ずかしいぞ~!?2010/10/08

645

28
達海と笠野の信頼関係が描かれた。二人はETUの希望。しかし、笠野は理想を追う事は出来なかった、達海もチームの現状からは逃れられなかった。二人は過去を顧みて、皆で背負う事で新生ETUを夢見る事となる。これで役者が揃った。とても悲劇的な達海の選手人生、しかし精一杯やって来た彼に後悔は無いってのが素晴らしい。言い方は語弊があるかもしれないが、この漫画は成長しない人間も描かれる。同僚は達海の優しさに気付かない、正直フロント兄弟も何かしたか?と思う。こういうのも含めてクラブの姿か。キャンプは又面白い事やってる(笑)2013/01/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/600297

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数60件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす