GIANT KILLING(3)

個数:1
紙書籍版価格 ¥693
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

GIANT KILLING(3)

  • 著者名:ツジトモ【漫画】/綱本将也【原作】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2015/03発売)
  • Kinoppy 電子書籍 全点ポイント25倍 5000円以上でボーナスクーポンGET!(~7/3)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063726374

ファイル: /

内容説明

【無料試し読み閲覧期間2022/6/22~2022/7/7】
1-1の同点で迎えた、リーグチャンピオン東京ヴィクトリーとのプレシーズンマッチ後半。攻めの姿勢でガンガンいく達海は、残り15分で交代カードを使いきった。後はもう選手たちの勝ちたいという気持ち! キャプテンを外され腐っていた村越(むらこし)の闘志に火がついた!! バラバラだった選手たちの心が、ひとつの目標に向かっていく。強豪相手に互角の戦いをし、可能性を見せた新生ETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)、そしていよいよシーズンの開幕だ!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

89
徐々に現実の壁にぶち当たっていく感じがしてきたが、チームワークはすごく良くなった感じがする。ここからの飛躍に期待。2014/05/19

合縁奇縁

58
東京Vとの試合決着。タッツミーのビッグマウス。Mr.ETUの村越が覚醒!!ダルファー監督とソノダの漫才。日本代表監督ブラン監督とタッツミーは、お互い初対面なのに気が合うみたいだね。ブラン語が面白い。タッツミーが言っていたフットボールの神様は名言だと思う。2018/09/06

17

44
村越のゴール。美しかった。ゴールした瞬間の一瞬の静寂とその後の爆発的な歓喜。これぞスタジアムで観戦する醍醐味!2012/03/03

流言

38
一難去ってまた一難。サッカーの世界は甘くはない。『この国の今年のサッカー界……俺が面白くしてやるよ』と劇的な演出をする反面、勝負としては一貫してシビアで易々と勝利をさせてくれはしない。ヴィクトリー戦は大いに盛り上がったように見えても土俵際で引き分けに持ち込んだのがせいいっぱいだったし、磐田戦では一方的な敗北を喫しているところに作者の『主人公補正に頼った安易な勝利はさせない』というストーリーに対するシビアな姿勢が見て取れる。その上で『期待してくれて大いに結構』と断言する大胆不敵さにいやが上にも期待が高まる。2015/07/05

Die-Go

31
電子無料版。東京ビクトリーとなんとか引き分けたETU。いよいよシーズン開幕!スタートダッシュなるか?★★★★☆2021/05/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/579594

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数60件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす