ビッグコミックス<br> あずみ(26)

個数:1
紙書籍版価格 ¥555
  • Kinoppy
  • Reader

ビッグコミックス
あずみ(26)

  • 著者名:小山ゆう【著】
  • 価格 ¥605(本体¥550)
  • 小学館(2014/08発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784091861269

ファイル: /

内容説明

反幕府軍との全面戦争に突入し、次々と敵である忍び衆を倒していくあずみたち。だが、敵の少年部隊に宿舎を突き止められてしまう。一方、忍び衆に監禁されていた、あずみの仲間、はつねは監視の者を欺いて部屋を抜け出すが、敵に囲まれてしまい…!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

地下鉄パミュ

7
またあずみに悩み発動。今まで自分の信じた道を進んで来たとは思うが、重要な場面では流されている感じさえする。自分が誰を信じ、誰を討つのか一度整理する必要がありそうだ。だが悠長な事を言ってる暇も無いのだが。宮本武蔵がなかなかに口達者だ。ここまで高尚な事を言える。真の実力を見てみたい物です。武蔵VSあずみ。世紀の戦いになるが、やって良いのか?との疑問も。プロレス的に見立てるなら結果は有耶無耶が予想される笑。2021/03/27

Hiroki Nishizumi

3
安部蔵人!!思った通りの手練れ!! 枝打ちの意義を再確認せざるを得ない心境のあずみ。そして誇り高き武蔵。2018/04/15

読み人知らず

3
4人の子供たちは昔のあずみたち。それは切れないよなあ。そういうところがあずみだ。2010/10/11

グレ

2
はつね、かがり、無念。2013/08/31

ぬこっこ

2
一人一人消えていく仲間。殺すことへの疑問。平和の築き方の違い。揺れ動く心。……すごく重い話です。あずみはいったい自分の心にどういう決着をつけるのか。2010/03/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/555457

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数48件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす