祥伝社文庫<br> 十津川警部 わが愛する犬吠の海

個数:1
紙書籍版価格 ¥682
  • Kinoppy
  • Reader

祥伝社文庫
十津川警部 わが愛する犬吠の海

  • 著者名:西村京太郎
  • 価格 ¥682(本体¥620)
  • 祥伝社(2020/08発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

ホテルの殺人現場に残された血文字「こいけてつみち」は、被害者の名前だった。死に際になぜ自分の名を? 十津川は、「小池鉄道」という駅が銚子にあると知り、現地へ急行。銚子電鉄のネーミングライツ(駅名愛称命名権販売事業)で、終点外川駅の権利を被害者が買っていた。銚子と京都の二重生活を送っていた小池の目的とは? 十津川が犬吠で十六年前の事件の存在を掴んだ時、哀切の真相が!

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数62件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす