ノン・ノベル<br> 十津川警部 予土線に殺意が走る

個数:1
紙書籍版価格 ¥924
  • Kinoppy
  • Reader

ノン・ノベル
十津川警部 予土線に殺意が走る

  • 著者名:西村京太郎
  • 価格 ¥924(本体¥840)
  • 祥伝社(2020/08発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

国際的な音楽家やアスリートの興行を打つ「呼び屋」の東海元。彼が次に選んだのは愛媛宇和島の闘牛とスペインの闘牛士の対決だった。イベントはまたも大評判を呼ぶも、巨額の興行資金が回収されたかは不明。興味を抱いたN新聞の記者梶本は東海の秘書山田真由美に接近した。同じ頃、多摩川河川敷で殴殺死体が発見され、十津川率いる捜査本部に東海と事件の関連を示す告発状が届く。やがて、四国の予土線を走る、新幹線そっくりの“鉄道ホビートレイン”に東海が執着していたと判明、梶本が、そして十津川が四国へ飛んだ!

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数62件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす