62のソネット+36 - 谷川俊太郎 これまでの詩・これからの詩

個数:1
  • Kinoppy

62のソネット+36 - 谷川俊太郎 これまでの詩・これからの詩


ファイル: /

内容説明

「忘れかけていた古いノートをひっぱり出してみた.最初のページに1952年4月/1953年8月という日付がある.その間に書いたソネットを鉛筆で清書したもので,全部で98篇ある.それぞれの詩の肩に薄く丸や半丸や三角の印がついているが,これは私の父がつけたのだ.他に「詩学」とか「歴程」とか「文学界」とか「小説公園」など雑誌の名前も書いてあるが,果たして掲載されたのかどうか記憶がさだかではない.1953年に,『六十二のソネット』という詩集を,その98篇から父の助言を参考に取捨選択して編んだ.その後2009年に,残りの36篇を追加した.」

目次

目  次
   文庫版まえがき〔講談社+α文庫版〕

 62のソネット+36
   Ⅰ

 1 木 蔭[朗読]

 2 憧 れ

 3 帰 郷

 4 今 日

 5 偶 感

 6 朝 1

 7 朝 2

 8 笑 い

 9 困 却

 10 知られぬ者

 11 沈 黙

 12 廃 墟

 13 今

 14 野にて

 15 鋳 型

 16 朝 3

 17 始まり

 18 鏡

 19 ひろがり

 20 心について

 21 歌

 22 姿について

 23 雲

 24 夢
   Ⅱ

 25 (世界の中で私が身動きする)

 26 (ひとが私に向かって歩いてくる)

 27 (地球は火の子供で身重だ)

 28 (眠ろうとすると)

 29 (私は思い出をひき写している)

 30 (私は言葉を休ませない)

 31 (世界の中の用意された椅子に座ると)

 32 (時折時間がたゆたいの演技をする)

 33 (私は近づこうとした)

 34 (風のおかげで樹も動く喜びを知っている)

 35 (街から帰ってくると)

 36 (私があまりに光をみつめたので)

 37 (私は私の中へ帰ってゆく)

 38 (私が生きたら)

 39 (雲はあふれて自分を捨てる)

 40 (遠さのたどり着く所を空想していると)

 41 (空の青さをみつめていると)[朗読]

 42 (空を陽にすかしていると)

 43 (あふれた空の光を)

 44 (私は闘士であったから)

 45 (風が強いと)

 46 (若い陽がひととき)

 47 (時が曇った夜空に滲みてゆく)

 48 (私たちはしばしば生の影が)
   Ⅲ

 49 (誰が知ろう)

 50 (存在のもつ静寂は時に)

 51 (親しい風景たちの中でさえ)

 52 (私がこの野を歩いている時)

 53 (影もない曇った昼に)

 54 (私と同じ生まれのものたちから)

 55 (無為のうちに)

 56 (世界は不在の中のひとつの小さな星ではないか)

 57 (私が歌うと)

 58 (遠さの故に)

 59 (云い古された言葉を云うだけで)

 60 (さながら風が木の葉をそよがすように)

 61 (心は世界にそっと触れる)

 62 (世界が私を愛してくれるので)
   未発表36篇

 1 朝

 2 留 守

 3 (なべてのむなしいものよ)

 4 (歌うことが死を攻める)

 5 (眠っていた)

 6 (背負うこと)

 7 (もしかすると……?)

 8 今 日

 9 (黙っているすべての前で)

 10 (むしろ私の幻の中に)

 11 夜の業

 12 忘れ去られて

 13 (ただ限りなく知られぬことがある)

 14 高貴な平手打

 15 口答え

 16 伴 奏

 17 ふたつの心

 18 私の旅

 19 挨拶の必要[朗読]

 20 工 場

 21 かつて神が

 22 ある警句

 23 雪

 24 (何気なくうつってゆく午後の陽差の中にいると)

 25 (不幸を知った時に)

 26 (ささやかなひとつの道を歩き続けると)

 27 (同じ陽 同じ空)

 28 (小鳥らは虫を)

 29 (私は華麗な模様の上を)

 30 (はなれていると)

 31 (世界を見廻していると)

 32 (静かな愛のように)

 33 (何かが微笑みのように私の傍を過ぎて行った)

 34 (それは夏の初めであった)

 35 (闇の中で)

 36 (どんな小さな憩いが)
   あとがき〔二〇〇九年初版〕
   英語訳

 

この商品を含むセット一覧

該当件数1件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす
 

同じシリーズの商品一覧

該当件数54件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす