角川文庫<br> 夜ごと死の匂いが

個数:1
紙書籍版価格 ¥691
  • Kinoppy
  • Reader

角川文庫
夜ごと死の匂いが

  • 著者名:西村京太郎【著者】
  • 価格 ¥691(本体¥640)
  • KADOKAWA(2018/05発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

夏の暑い夜、25歳になるOLの田沼順子は人気のない公園で、洋弓を銃のようにした〈ボウ・ガン〉で殺された。続いてキャバクラのダンサー不二子が、新宿の公園で殺される。事件はこれだけで終らず、第3、第4の殺人が……。若い女性だけを狙う殺人魔の仕業か? 被害者の共通項がみつからず、難航する捜査。そしてまた、あの暑くるしい夜がやってきた――。十津川と亀井の名コンビの推理が冴えわたるサスペンス・ミステリー。

※本書は、昭和60年10月15日廣済堂文庫として出版されたものを文庫化、改版したものです。