彼岸島(30)

個数:1
紙書籍版価格 ¥607
  • Kinoppy
  • Reader

彼岸島(30)

  • 著者名:松本光司【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2015/03発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063618556

ファイル: /

内容説明

雅(みやび)を倒すべく明(あきら)が向かったのは、切り立った断崖の島に建つ五重の塔。最上階では今まさに雅が休んでいるというその塔の入り口は、なぜか外からかんぬきがかけられ堅く閉ざされていた。そして塔の中に潜入した明は、恐ろしい形相をした雅のペット・チワワ様に遭遇する!! ――友の仇を討つため、五重の塔に乗り込んだ明! そこは奇っ怪な化け物が棲む地獄の入り口だった!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ともかず

46
vsチワワ、vsまり子 まり子の拷問ひでえな。けど、よく四肢が飛んでく漫画だから新鮮味ないな。まり子の顔はキモい。結局チワワとは決着つけないのかな、後で出てくるのかな?2016/05/06

文吾

8
★★★/表紙は毎回誰だかわからんくて考えこむわ。隊長さんか。笑。まりこ様登場。息が卵の腐ったようなにおいって最悪やん。明がマッパでまりこ様に立ち向かったとこまで。(t)2021/04/23

十六夜(いざよい)

7
五重塔のてっぺんにいる雅を倒す為単身乗り込んだアキラだったが、五重塔の各階には邪鬼がおり、アキラは邪鬼を倒しながら上へ進む事に。だんだんRPGのようになってきたぞ。隊長初登場。こんな出会い方だったのか。2013/12/15

読み人知らず

5
まりこさま、造形が完全に斧神様とかぶってますが伏線??作者がやらかした??2015/07/16

もくもく

5
あの化け物をチワワって名付けたのは誰だよ(笑)2015/02/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/517721

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。