彼岸島(15)

個数:1
紙書籍版価格 ¥607
  • Kinoppy
  • Reader

彼岸島(15)

  • 著者名:松本光司【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2015/03発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063614442

ファイル: /

内容説明

「かなり危険だけど、だんなさんが望むなら、私、案内するよ……」旧帝国陸軍の生き残り五十嵐一郎(いがらし・いちろう)中佐だけが知る、501ワクチンへの近道。そして、そこには巨大で凶悪な邪鬼(オニ)“姫”が巣食っているという。だが後戻りはできない。死中に生を求めよ、明(あきら)!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

コウメ

23
初めて邪鬼対邪鬼の対決が行われる。目が合ったものを襲う邪鬼の姫とノーマルな邪鬼との対戦圧倒的に姫が強いな!!2020/11/26

十六夜(いざよい)

6
兄とワクチンを奪い合う事になってしまったアキラは、兄と戦わずに済むよう一刻も早くワクチンを手に入れようと焦る。五十嵐からワクチンへの近道を聞き”姫”のいる階段を通り抜ける。”姫”初登場。取り敢えず不気味。アキラが苦戦した邪鬼でさえ瞬殺。2013/10/24

読み人知らず

5
五十嵐の小狡さ、小物感が良く出てます。2015/07/16

ka28de

4
元人間・・・・ってもう何も考えまい。2017/10/29

もくもく

4
鬼をも捕食する姫が怖かった(笑)2015/02/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/527465

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。