彼岸島(8)

個数:1
紙書籍版価格 ¥607
  • Kinoppy
  • Reader

彼岸島(8)

  • 著者名:松本光司【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2015/03発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063612653

ファイル: /

内容説明

「生きろ! 生き延びてくれ!!」 明(あきら)の必死の叫び虚(むな)しく、自ら死を選ぼうとする友人・ポン。雅(みやび)に邪鬼(オニ)にされてしまったポンは、「人間のまま死なせてくれ」と泣き叫ぶ。なぜこんな悲劇が起きてしまうのか!? これは避けられない運命なのか!? 無情にも別れのときが刻一刻と近づく……。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

コウメ

26
明は亡者になり果てた幼馴染のポンを殺し師匠と修業し約八か月ごと急展開、修業が終わった明は甘えがない顔へ無敵!!2020/11/11

読み人知らず

8
うんこの塊に必要性はあったんだろうか?2015/07/16

文吾

7
★★★/再読。やはり苛々するけど少し慣れた。修行後の明たちが仲間奪還へ。(t)2020/07/01

文吾

7
★★★/明が島のレジスタンスに入り八か月経過。随分と迷いなく刀が振れるようになってます。身体能力が元々高かったのかな。そんな感じしなかったけど。隠れ里が敵に襲われユキが連れていかれたとこまで。(t)2020/04/05

もきゅ子

7
なんと言うか…ギャグ漫画として読んでる節がある2015/03/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/527457

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。