彼岸島(5)

個数:1
紙書籍版価格 ¥607
  • Kinoppy
  • Reader

彼岸島(5)

  • 著者名:松本光司【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2015/03発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063611991

ファイル: /

内容説明

恐怖の島を支配する男、マスター・ヴァンパイア雅(みやび)――。明たちを救うべく、雅に立ち向かう吸血鬼ハンター篤(あつし)は、あえなく雅の手に落ち、明に襲い掛かる! 壮絶なる兄との死闘、しかし篤は魂まで奪われてはいなかった!! そして唯一の脱出経路である朽ち果てた吊り橋で、因縁深き二人は対峙する!! 今明かされる、この島の血塗られた真実。戦慄(せんりつ)の吸血鬼サバイバルホラー!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

グレ

33
ドスの刃ば握って柄で突く!うわあ痛そう(>_<)!滝(直瀑)と吊橋と邪鬼。牙人形だらけの神社で雅に騙くらかされて……新生児室で「ベルセルク」ばりの恋人rape!!頭皮が異常に堅い邪鬼。2016/09/29

コウメ

23
雅と兄貴(篤)との過去の因縁がわかる。雅は古い神社の中で封印されてたのを篤は好奇心で開けてしまい悲劇が起こった2020/11/09

カラシニコフ

21
だいたい兄貴が元凶じゃん。 ★★★☆☆2017/02/02

読み人知らず

15
まさかの寝取られ。血をすわれるのは気持ちいい、昔から他にもある設定だけどやっぱこういう使い方をしますよね2015/07/16

まりもんママン゚+.*ʚ♡ɞ*.+゚

11
なぜ兄が実家へ戻らなかった訳がわかった。雅の封印を解いたのが兄だったのだ。それにしても2年も島の中を逃げ回り雅を打倒するために頑張っていたにも関わらずあのタフさはすごい。ロクなものしか食べてないだろうに。2013/10/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/527452

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。